M&A関連サービス

M&A関連サービス

M&Aとは、「企業の合併(Merger)や買収(Acquisition)の総称であり、広い意味では組織再編、経営統合、合弁会社設立など資本移動を伴う提携も含む概念」です。
M&Aは、企業が自社の事業を短期間で拡大する、又は新規事業へ参入するための手段として利用され、また、企業グループの再編手段としても利用されています。更に、近年では後継者が不在の企業にとって事業を継続する有効な手段であり、第三者承継としても頻繁に利用されています。

弊社では、M&Aの実務を知り尽くした公認会計士・税理士により、「M&A・組織再編トータルサポート」「財務デューデリジェンス」「バリュエーション」から「PMI(アフターM&A)」まで、様々な規模や業種の多くの経験に根差した質の高いサービスをご提供しております。

<サービスの概要>

M&A関連サービス一覧

M&A・組織再編トータルサポート / M&A Structuring

M&Aは企業成長のための戦略的オプションとして多くの企業が利用していますが、その手法としては外部企業の買収ばかりでなく、合併、会社分割、株式移転・株式交換、営業譲渡といった組織再編スキームも積極的に活用されています。
M&Aは、企業にとって大きなエネルギーを必要とする壮大なプロジェクトです。M&Aの候補先が見つかったとしても、これを成功に導くためには最適なM&Aスキームの選択からシナジー効果の評価、会計・税務・法務・労務等の面からのチェックや契約書の作成など、多くの事項について適切な判断と処理をしなければなりません。

弊社では、対象企業の評価から事業シナジーの検討、財務デューデリジェンス、更には、スキームの立案や会計・税務面のサポートなど、弊社がこれまで多くの案件で培ってきたノウハウを最大限に発揮して、全面的にM&A組織再編をサポートしております。

M&A・組織再編トータルサポートの詳細はこちら ≫

財務デューデリジェンス / Financial Due Diligence

M&Aにおいては、M&A実施後の予期せぬ損失を回避するために、財務デューデリジェンスによってその事実関係を把握し、対象会社に内在するリスクを洗い出す必要があります。

弊社では、様々な規模、業種等のM&Aの経験を通じて、財務デューデリジェンスによる事業リスク、財務リスクの洗い出しのスキルには相当な優位性を持っていると自負しております。案件ニーズに応じたスピーディーかつ効果的な財務デューデリジェンスサービスを提供しております。

M&Aに関する財務デューデリジェンスの詳細はこちら ≫

バリュエーション(企業価値評価) / Valuation

M&Aの成否は投資した企業・事業の価値が、その後の事業運営を通じて増大したか否かによって決まります。それゆえ、M&A成功の第一歩は適切なバリュエーションにあるといっても過言ではありません。

弊社では、どの組織にも属さない独立機関としての企業価値評価サービスを提供しています。また、事前検討段階での独自モデルの作成による簡易バリュエーション、M&A実施にあたって必要とされる株価算定書の作成など、案件ニーズに応じた適切なバリュエーションサービスを提供しております。

バリュエーションの詳細はこちら ≫

ポスト・マージャー・インテグレーション(PMI/アフターM&A) /
Post Merger Integration(PMI)

M&Aは、契約の調印によって完了するものではなく、M&A後の統合による効果が得られて初めて完了する長期的なプロジェクトです。M&Aの効果を最大限に発揮するためには、適切なPMIを実施することが求められます。

弊社では、デューデリジェンス抽出事項に関する実務フォロー、関連業務、定期的な経営監査、連結決算体制の構築サポートなどを提供しております、さらに戦略・組織・業務プロセス・情報システム・人事制度などの各領域ごとの問題解決・調整・推進などのPMIサポートを通じて、買収会社の事業価値最大化、シナジー効果最大化のお手伝いをいたします。

ポスト・マージャー・インテグレーションの詳細はこちら ≫

パーチェス・プライス・アロケーション /
Purchase Price Allocation(PPA)

パーチェス・プライス・アロケーション(Purchase Price Allocation)とは、企業結合において、取得原価(買収の対価)を被取得企業の識別可能な資産・負債に対して、時価を基礎として配分する手続きのことです。PPAの最も重要なプロセスは、対象会社の時価純資産価額と取得原価の差額を無形資産とのれんに配分する作業と言えます。

弊社では、企業結合会計を始めとする、上場企業の会計基準とIFRS(国際会計基準)を熟知している公認会計士が、M&A実施後の企業業績に重大な影響を及ぼす無形資産及びのれんの計上額を合理的に導き出します。併せて監査法人への説明もサポートすることにより、上場企業のM&A実施後の適正な会計処理の実施と企業に与える将来損益の影響額の把握を通じて、M&Aによる上場企業の安定的な成長に寄与します。

パーチェス・プライス・アロケーションの詳細はこちら ≫

≫ サービス概要にもどる

M&A関連のサービスについてのお問い合わせ、資料請求は下記からお問い合わせ下さい。


top