上場企業の皆様へ

上場企業は、不特定多数の株主から出資を受けており、資本市場から常に高いレベルの説明責任を課されています。特にM&Aなどの企業自らに大きな影響を与える事象については、様々な利害関係者から詳細な検討と説明が求められています。

青山トラスト会計社は、上場企業の皆様と同じ視点から、M&A成功のための財務会計サービスを提供しております。弊社は、財務諸表監査とは異なるM&A成功のための財務デューデリジェンスを基礎として、M&A関連の多くのサービスを提供しており、上場企業の皆様から厚い信頼を頂いております。 また、上場企業の会計及び財務に関するセカンドオピニオンとして、上場企業向け会計顧問サービスも提供しております。

財務デューデリジェンス

弊社は、監査法人の財務諸表監査とは異なり、対象企業の事業内容、事業の仕組み、利益の源泉等を把握したうえで、企業全体の財務的なリスクを洗い出すことを目的としてM&A成功のための財務デューデリジェンスを実施しております。M&Aの局面においては、必要な財務情報を対象会社からいかに無理なく引き出すかが重要なポイントであり、多くの経験とノウハウが必要です。弊社は、M&Aの実務と上場企業の会計基準を熟知し、経験豊富な多くの公認会計士によって、"真"の財務デューデリジェンスを提供しております。

<サービスメニュー>

M&A関連サービス

弊社は、M&Aや組織再編スキームの立案から、財務デューデリジェンス、バリュエーション、更にはPMIに至るまで、企業が実施するM&Aを成功に導くためのサポートを総合的に提供しております。金融商品取引法や会社法等といった上場企業が求められる会計基準をベースとして、企業結合会計や組織再編税制等を熟知している公認会計士や税理士が、株主、取締役会、監査役会、監査法人、証券取引所等の様々な利害関係者の要求を満たす充実したレベルのサポートサービスを提供しております。

<サービスメニュー>

会計顧問サービス

弊社は、上場企業の財務・会計に関するセカンドオピニオンとして、上場企業向けの会計顧問サービスを提供しております。ますます多様化する財務戦略や複雑化・厳格化する会計制度に対して、監査法人とは別の専門家へ相談や意見聴収ができる体制を構築しておくことは企業の経営意思決定の多様化を確保するうえで大変重要です。弊社の財務・会計顧問サービスは、大手監査法人出身の公認会計士が行う会計に関する身近な相談役としてのサービスであり、多くの上場企業にご利用いただいております。

<サービスメニュー>

≫ サービス概要にもどる

弊社サービスについてのお問い合わせ、資料請求は下記からお問い合わせ下さい。


top