財務デューデリジェンス

財務デューデリジェンス

デューデリジェンスとは、一般的には、「買収監査」または、「企業精査」と言われるものであり、財務デューデリジェンスを初め、ビジネス・デューデリジェンス、法務デューデリジェンス、人事・ITその他、会社のあらゆる事象に及ぶものです。
財務デューデリジェンスは、M&Aや事業再生等を有効かつ効率的に行うための基礎となるものであり、これらのプロジェクト成功のための第一歩となります。

弊社では、年70件を超える財務デューデリジェンスを提供しており、全国の数多くのクライアントの皆様から厚い信頼を頂戴しております。圧倒的な経験と実績により蓄積されたノウハウが、当事者を始めとしたプロジェクト関係者の安心感を生み、プロジェクトの成功と効率的な業務の推進に寄与しています。

<財務デューデリジェンスの流れ>

財務デューデリジェンスの流れ

真の財務デューデリジェンスとは

財務デューデリジェンスと財務諸表監査は異なります。
財務デューデリジェンスにはノウハウが必要です。

財務デューデリジェンスは、対象会社の過去及び将来情報に対して、依頼者のニーズと対象会社の状況を勘案しつつ、時間的、物理的制限の中で、最も効率的かつ効果的な調査を実施するものです。したがって、法的強制力のある財務諸表監査とは全く異なるものです。
財務諸表監査と財務デューデリジェンスは、共に対象会社の協力がなければ実行できませんが、財務デューデリジェンスには強制力がありません。したがって、対象会社から適切に情報を引き出すノウハウが必要となり、財務デューデリジェンスのノウハウを持たない(経験のない)者が行うと、財務デューデリジェンスが有効に行えないだけでなく、M&Aなどの案件自体を壊してしまうことさえあるのです。

財務デューデリジェンスサービス一覧

M&A関連の財務デューデリジェンス

M&Aにおける財務デューデリジェンスは、M&A実施後の予期せぬ損失を回避するために財務、会計、税務を中心に質問・分析・閲覧等の調査を行い、対象会社に内在するリスクを包括的に洗い出すものです。
弊社は、①コーポレート・デューデリジェンス ②フルスコープ・デューデリジェンス ③バランスシート・デューデリジェンスの3つのタイプの財務デューデリジェンスを用意しており、依頼者のニーズに合わせた適確かつスピーディーな財務調査を実施し、M&Aの成功に貢献しています。

M&A関連の財務デューデリジェンスについてはこちら ≫

事業再生関連の財務デューデリジェンス

事業再生における財務デューデリジェンスは、対象会社の現状の経営状態の把握を行い、それに伴う財務・会計・税務上の問題点の整理を行うものです。その後の事業再生プロジェクト推進の基礎となるものであり、実質的な財政状態や経営成績等を把握するだけではなく、資金繰りについては特に細心の注意をもって把握を行う必要があります。
弊社は、事業が日々刻々と毀損する状況において、スピーディーかつフレキシブルに予備調査を行うことで、対象企業の再生に多大な貢献をしております。

事業再生関連の財務デューデリジェンスについてはこちら ≫

その他の財務調査

財務調査には、上記の他に外部企業に対するロイヤルティ調査や企業内部に対する不正調査などがあります。
ロイヤルティ調査は、企業が保有している特許権や著作権などのライセンスが契約通り使用されているかについて調査するものであり、不正調査は、企業内部で発生した不正に対して自らその事実を調査するものです。
弊社は、独立した第三者として、ロイヤルティに関する調査や企業内部の不正調査を行い、企業取引の透明性を高めることによって、企業を取り巻く取引の安定化と不正の防止に貢献しております。

その他の財務調査についてはこちら ≫

≫ サービス概要にもどる

財務デューデリジェンスに関するお問い合わせ、資料請求は下記からお問い合わせ下さい。


top